動画配信サービス(VOD)

U-NEXTとhuluどっちがおススメ?徹底比較した結果は?

数ある動画配信サービス(VOD)の中で知名度が高いのは『U-NEXT』『Hulu』ではないでしょうか。

どちらのサービスも利用者数は多く、独自の強みがあるので2つに絞って考えている人も多いはずです。

しかし、いざ利用しようとした際、どちらを選ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回の記事では『U-NEXT』『hulu』の2つを様々な角度から見て徹底比較をしてみました。

今どちらにするか決められない人。

この記事を読んだら、あなたに向いているサービスがどちらなのか理解し即決することができるはずです。

U-NEXTとHulu比較の基準について

まずこの2つのサービスを比較する基準やポイントについてお伝えします。

以下のことを理解したうえでどちらを選ぶか決めていただくと良いでしょう。

  1. 月額料金
  2. 作品数
  3. 独自の強み
  4. 機能面

サービスを利用するにあたり、最も重要であろう上記4つの点を基準に比較しました。

まずは費用!

月額料金はもっとも重要なポイントではないでしょうか。

また、作品数も金額に見合って充実しているほうが利用者にとって嬉しいのは言うまでもありません。

更には使いやすさなど、機能面やサービス独自の強みも利用していくうえでは大事なことです。

これらの観点から総合的に判断した結果が下記になります。

U-NEXTとHuluを徹底比較!【結論】選ぶべきサービスはU-NEXT!

まずは下記にU-NEXTとHuluの比較表を作成しました。

サービスU-NEXTHulu
月額2,189円(税込) 1,026円(税込)
作品数22万本以上10万本以上
無料お試し有(31日間) 有(14日間)
同時視聴可能4台 不可
アカウント共有無制限 6台
PPV なし
その他サービス

結論を先に述べると、選ぶべきサービスはU-NEXTにしておけば間違いありません。

料金が高いのになぜ?と思ったかもしれません。

上記の表からも分かるようにU-NEXTの月額料金はたしかに割高に感じます。

しかし見放題作品数はHuluの2倍以上です

最新映画もBlu-rayやDVDの発売よりも早く視聴することができますし、150誌以上の雑誌が読み放題や8,000冊以上のマンガなどの電子書籍も豊富に揃っています。※マンガは一部読み放題作品が含まれます

総合的にみると決して高いとはいえないサービスです。

さいさい
さいさい
毎月付与される1,200ポイントを利用すれば実質989円となり、安さは業界の中でもトップクラスになります。

これだけ充実した内容で実質989円は十分な費用対効果があると言えます。

次にそれぞれサービスの詳細を解説していきます。

U-NEXTのサービスについて解説

U-NEXTの特徴をまとめてみました。

✔見られないジャンルがない(映画・ドラマ・アニメ・雑誌・マンガ・ラノベ)
✔毎月1,200ポイント付与される(新着映画やマンガなど有料コンテンツに利用可能)
✔付与ポイントは映画チケットにも交換できる
✔見放題作品数が業界No.1(22万本)※2022年4月時点
✔初回登録時は31日間無料で利用できる

上記について詳しく解説している記事がありますので合わせてご覧ください。

U-NEXTの料金プランは2つ!

U-NEXTは2つの料金プランがあります。

月額プラン:月額2,189円 (税込)
月額プラン1490:月額1,639円(税込)

月額費用は550円違いますが、どちらも見放題の動画や雑誌が読み放題なところは同じです。

支払方法について

U-NEXTの支払い方法は下記となります。

①クレジットカード
②各種キャリア決済
③楽天ペイ
④Amazonアプリ内課金
⑤AppleID.
⑥U-NEXTカード・ギフトコード

合わせて利用できるクレジットカードも記載しておきます。

★Visa
★Master Card
★JCB
★アメリカン・エキスプレス
★ダイナースクラブカード

では2つのプランでサービスが異なるところはどこなのでしょうか。違いと特徴を説明していきます。

【月額プラン】

『月額プラン』はU-NEXTのスタンダードなプランで初回31日間無料トライアルもこのプランと同じになります。

約22万本の見放題動画や、雑誌の読み放題が含まれています。

毎月1,200ポイントが付与され、レンタル料金がかかる新作映画や電子書籍やマンガにも利用できます。

【月額プラン1490】

『月額プラン1490』は、長期利用したい方向けのプランです。

22万本の見放題動画や雑誌読み放題は月額プランと同じですが、下記の2点が異なります。

毎月1,200ポイントの付与がない
1年以内に解約すると5,000円(非課税)の違約金が発生する

つまり、月額550円安いがポイントが付与されない。

この差をどう考えるかがプラン選びのポイントになりそうです。

さいさい
さいさい
個人的な意見は、1年以上継続利用する予定でマンガや新作映画はあまり見ないという人には月額プラン1490がおススメです。

理由は、

✔︎もしも新作映画を見たくなり、その都度課金したとしても差額の550円より安く済む

✔︎1,200ポイントあっても利用しないと失効するだけで勿体ない

でも初回は無料お試しからになるからトライアル終了後にいちど解約して『月額プラン1490』に登録しなおすといいよ!

簡単にまとめると判断する基準は2つです。

✔︎ポイントを使う有料作品をよく利用するのか
✔︎1年以上継続して契約する予定

上記を踏まえて、自分に合うプランを選ぶと良いでしょう。

U-NEXTに対応している機器は?

U-NEXTはPCやスマホといった主流のデバイス以外にもiPad・タブレット、ゲーム機など様々な機器にも対応しています。

対応可能機器

パソコン
スマートフォン
iPad
タブレットPC
テレビ
ゲーム機
ブルーレイレコーダー
ホームシアターシステム
プロジェクター
セットトップボックス
ドングル端末 

モニタに出力ができ、Wi-Fi機能をもった機器なら大体利用できことがわかると思います。

正直「これで見る人はいないだろう」と思うデバイスまであります。

しかし利用する人が0ではない限りその利用者は便利と感じますよね。

つまり、そこまでユーザーファーストに配慮していると言えますね。

Huluのサービスについて解説!

次にHuluについて解説していきます。

既にU-NEXTの方をおススメしてはいますが、もちろんHuluだって非常に良いサービスなのでHulu向きの人も多くいます。

Huluの強みはオリジナル性

Huluの強み

✔︎オリジナル作品が豊富
✔特定ジャンルに優れている
✔海外作品が多くリアルタイムに配信している

Huluも、アニメ・映画・ドラマ・バラエティなど様々なジャンルを視聴することができ、見放題作品数は約10万本あります。※2022年4月時点

特に日本テレビのアニメやドラマ、バラエティ番組を多く配信しており、なかにはHuluでしか配信していない番組もあります。

アニメもコナンシリーズが豊富に配信されており、さすが日テレ作品と思わせる内容です。

Huluの料金プランはひとつだけ!

Huluの料金プランは1つのみ設定されており、月額1,026円(税込)となります。

支払い方法

①クレジットカード決済
②各種キャリア決済
③PayPay
④LinePay
⑤Google Play決済
⑥iTunes Store決済
⑦PayPal
⑧Huluチケット
⑨Yahoo!ウォレット
⑩Amazon アプリ内決済
⑪その他決済

詳しい支払方法に関してはHuluヘルプセンターでご確認ください。

WebにてHulu公式ページからの登録・・・1,026円(税込)
iTunes Store決済の場合・・・1,050円(税込)

特にこだわりがなければ通常のクレジットカード決済にしておくと良いでしょう。

Huluに対応している機器は?

Huluの対応機器は以下の通りです。

パソコン
スマートフォン
iPad・タブレット
テレビ
ゲーム機(PlayStation4、PlayStation5)
プルーレイプレーヤー

【結論】どちらも優れたサービスだが総合的に比較するとU-NEXTの方が良い!

まとめです。結論を言うとU-NEXTを選ぶべきです。

なぜなら、実質料金は安く、無料トライアルの期間もHuluの約2倍長く利用できるからです。

また雑誌やマンガなどの電子書籍もあるため、U-NEXTひとつで全てをまかなえてしまうマルチサービスと言えます。

まずは31日間の無料トライアルを利用しU-NEXTの作品数の多さを体験しみてはいかがでしょうか。

-動画配信サービス(VOD)

© 2022 アニメ・マンガ休憩部屋 Powered by AFFINGER5