鬼滅の刃©吾峠呼世晴/集英社

漫画&アニメ

【鬼滅の刃】1話が衝撃すぎた!!見た感想をレビュー

2021-09-11

ご存知、鬼滅の刃とは『人喰い鬼と人間との戦い』を描いた大人気漫画です。

筆者もそのストーリーは知っていましたが実際読んだことはなかったのでその話題性から見てみることに・・・。

結論から言うと見始め数分で鬼滅の刃の虜になってしまいました。

虜になったポイント

  • 主人公である炭治郎の誠実さ
  • ストーリーの展開スピード
  • 個性あるキャラクター

これら全てに惹きつけられてしまったのです。

しかし1番衝撃的だったのは開始早々いきなりの惨殺シーンです。

そして、そこからの物語の展開スピードにも釘付けになりました。

この記事では筆者が鬼滅の刃の1話を見た率直な感想とそこから始まるストーリーの魅力について書いていこうと思います。

衝撃的すぎる惨殺シーン!!

これには正直驚きました。これまで筆者が見てきた漫画やアニメの第一話は主人公の紹介から始まり、これから始まる冒険のきっかけともなる出来事からストーリーが展開していくパターンが多かったため余計に衝撃的な印象でした。

だっていきなり主人公の家族が惨殺されるシーンなんですから・・・。

三郎爺さんの家から目覚めた後のことだったので「嘘でしょ?まだ炭治郎の夢の中なんでしょ?」と思わず疑ってしまったほど。

眠っている炭治郎
画像:鬼滅の刃1話

唯一生き残った妹は言葉も喋れない鬼へと変貌してしまうのだから衝撃以外のなにものでもありません。このシーンを見た瞬間思わず泣いてしまった筆者でした。1話の数分で泣くのも当然初めてのことです。

そのシーンがこちら。

炭治郎悲痛な顔1
画像:鬼滅の刃1話

家に帰って来たら衝撃な光景を目の当たりにする炭治郎。その先には血だらけで倒れる禰豆子と六太。

禰豆子と六太
画像:鬼滅の刃1話

さらに家の中に目をやると・・・。

画像:鬼滅の刃1話

炭治郎のこの顔が悲惨な状況を物語っている。そして家の中は。

画像:鬼滅の刃1話

こんなの僅か15歳の少年が目にするような光景ではありません。しかもそれが家族なのだから。突然失ったかけがえのない家族、普通の15歳ではまず精神的に耐えられないでしょう。筆者だったら気絶してしまう自信があります。

精神力が強すぎる炭治郎!

そんな中、息つく間もなく次のシーンでは炭治郎が禰豆子をおぶって全力で走っている描写になる。唯一まだ息のある禰豆子を助けるためです。このとき炭治郎は禰豆子が鬼となってしまったことはまだ知りません。

禰豆子を背負う炭治郎
画像:鬼滅の刃1話

普通こんな気持ちの切り替えできるでしょうか?家族が目の前で5人も惨殺されているのに間髪入れずに次の行動にうつす精神はまさに強靭。

もしくは息のある家族がいたら人間誰でも炭治郎と同じ行動に出るのかもしれませんね。しかしいずれにしても強い精神がなければ出来ることではないでしょう。

炭治郎は気持ちの切替えが早い!?

自分に襲いかかってくる妹が鬼になったと悟ったとき、今度はすぐさま禰豆子を人間に戻すという決意に変わります。

炭治郎に襲い掛かる禰豆子
画像:鬼滅の刃1話

この瞬間、禰豆子の人生を15歳の少年が背負って生きることになる。

なんという責任感でしょうか。数分前に家族の惨殺死体を見た少年の心とは思えない強さです。

でもきっと心の底では深い悲しみと、自分だけ被害に遭わなかった罪悪感で押しつぶされそうになっていたことでしょう。そんな気持ちを殺して禰豆子を守ろうと決める炭治郎をみたら筆者も胸にこみ上げてくるものがありました。

また炭治郎を襲いながらも涙する禰豆子。

涙する禰豆子
画像:鬼滅の刃1話

このシーンも胸が熱くなりますね。普通鬼になった者はそんな感情などないはずですから。

禰豆子は普通の鬼と少し違っているという事実と、見つめ合う炭治郎の涙を見たあとに溢れ出た涙から考えるとまだ完全に鬼になりきっておらず家族の顔を覚えていたんじゃないかと感じました。

禰豆子を見つめる炭治郎
画像:鬼滅の刃1話

富岡義勇との出会いで本音が漏れる!?

富岡義勇登場
画像:鬼滅の刃1話

炭治郎は強い心の少年なのは間違いないですが、やはり15歳の少年を感じる面も。それは富岡義勇との出会いで見せた一面です。

義勇に首をはねられそうになる禰豆子を泣きながら「もうこれ以上 俺から奪うのは やめて下さい。どうか妹を 殺さないでください お願いします」と土下座するシーンは胸が熱くなる。

土下座する炭治郎
画像:鬼滅の刃1話

我慢していた悲しみが禰豆子まで失うかもしれないという現実と重なり堪えきれなくなってしまったのでしょう。

言葉は少ないが富岡義勇の気持ちがすごく伝わる

炭治郎を想う富岡義勇
画像:鬼滅の刃1話

義勇の名セリフも多数出てくるのも1話ですね。

「お前が打ちのめされているのは分かっている 家族を殺され妹は鬼になり 辛いだろう 叫び出したいだろう わかるよ」

という義勇の心の声は筆者も共感できる言葉でした。

そして同上シーンでは続けてこうとも言っています。

「怒れ 許せないという強く純粋な怒りは手足を動かすための揺るぎない原動力になる 脆弱な覚悟では妹を守ることも助けることも家族の仇を討つこともできない」

この時すでに義勇は炭治郎を鬼殺隊への道に進ませる気でいたのではないでしょうか。

禰豆子の炭治郎を守る動作は義勇の心も動かした!?

結論では炭治郎は義勇と出会うことが鬼殺隊へ入隊するきっかけとなるのですが、その決め手となったのは禰豆子が炭治郎を守ろうとする動作でした。

炭治郎をかばう禰豆子
画像:鬼滅の刃1話

このシーンは僕も思わず泣いてしまったのですが他にも心を打たれた人がいました。そう、富岡義勇です。義勇も相当衝撃を受けたようです。

これまで飢餓状態の鬼が人を守ろうとする姿など見たことがなかったからです。

驚く富岡義勇
画像:鬼滅の刃1話

この禰豆子の動作で義勇は禰豆子の首を刎ねるのをやめ、炭治郎を鬼殺隊の道へ進ませる決定打となるのです。

義勇との出会いが炭治郎の人生を180度変える!!

義勇との出会いで炭治郎の人生は180度変わったと言っても過言ではないでしょう。それまで普通の暮らしをしていた少年が鬼と戦う鬼殺隊士になる道へ進んでいくことになるのですから。

もしここで出会ったのが義勇ではなく別の鬼殺隊士だったら禰豆子は首を切られ炭治郎も鬼殺隊になる決意をすることはなかったかもしれません。

手を繋ぐ炭治郎と禰豆子
画像:鬼滅の刃1話

こうして炭治郎は禰豆子を守りながら生きていくことを誓うのでした。

1話の感想まとめ!

鬼滅の刃1話
画像:鬼滅の刃1話

鬼滅の刃の1話はかなりインパクトの高い印象を受けました。平穏で幸せな日常の描写から始まったと思ったら数分後には衝撃の惨殺シーン・・・。

そこから息つく間もなく禰豆子の鬼化を目の当たりに。もう炭治郎の精神はズタズタです。さらに禰豆子は突如現れた富岡義勇に首を切られそうになり、唯一の家族までも失いそうになります。こんな不幸すぎる状況でも鬼殺隊への入隊のために修行を始める炭治郎には胸を打たれます。

1話で早くも炭治郎という人物の虜になってしまった筆者でした。

2話以降でも感動シーンや炭治郎の素晴らしい人間性などで感動続きです。本当におもしろいアニメなので皆さんも是非見て楽しんでくださいね。

Attachment.png

 

-漫画&アニメ

© 2021 漫画休憩室 Powered by AFFINGER5